« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

イカフリッター&玉ねぎフリッター

また、頂いてしまいました。

Photo

小ぶりだけど~16杯ほど・・。

今回は生ではなく、揚げ物に。

でも、フライはよくやるのでチョット変わって『フリッター』にしてみました。

Photo

              *レシピ*

  • イカ     捌いて食べやすい大きさに切る。よ~く水気をふく。
  • 玉ねぎ   5mm幅くらいに切る
  • A…小麦粉  卵  水  ベーキングパウダー  パセリのみじん切り
  • 揚げ油
  1. Aをよく混ぜ合わせておく。
  2. よく水気をふいたイカ・玉ねぎを1の衣につけて揚げ油で揚げる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超豪華!!

3枚¥5000!!

山口産牛!!  初めてです。

018

と~ってもやわらかく美味しいお肉でした。

なぜか?和風のお皿にのせてしまいました・・

なぜか? ・・じゃ、なかった。お肉が大きくて普段使ってるお皿じゃあ

はみ出してしまったんだ!

ソースはシンプルに「にんにく醤油」

付け合せは「ファルファーレの卵サラダ」

            *レシピ*

  • ファルファーレ    茹でる
  • 卵           ゆで卵にする
  • きゅうり        千切りにして塩をふり水気を
  • マヨネーズ・塩・こしょう
  1. ファルファーレ・ゆで卵・きゅうりをマヨネーズで和える。
  2. 塩・こしょうで味を調える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりにビーフン。

「ビーフン」自分で作って食べるのは、ほんと久しぶりです。

今回はカレー味で。

『えびカレービーフン』

017_2

             *レシピ*

  • ビーフン     戻しておく
  • えび        背わたを取る。
  • 玉ねぎ      薄切り
  • ピーマン     細切り
  • 人参        薄切り
  • にんにく・生姜  みじん切り
  • 鶏がらスープ
  • カレー粉
  • 醤油
  • 砂糖
  • 塩・こしょう
  • サラダ油・ゴマ油
  1. 鍋にサラダ油を熱し、にんにく・生姜を炒める。香りが出てきたらえびを加えて炒め、色が変わったら野菜を加えて炒める。
  2. ビーフンも加え炒める。全体がなじんだら、混ぜ合わせた調味料スープを加えてビーフンに味を吸わせる。塩・こしょうで味を調える。仕上げにゴマ油を回しかける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡単です。

昨日、「今日の夕食はこれ作ろぅ~!」って思ったのが

「どこかでチラッと見たレシピ」…その見たところがわからない~!!

「たぶん、PCだ。」と思いズーっと検索してたけどわからない。

「家の料理本かなぁ~?」と思い当たる本をみたけど、どこにも載ってない。

でも、どーしても作りたくて(こんな感じ?かなぁ~)

私の中のイメージで作り始めたところで・・

『わかった~!!』

それは、一昨日に図書館でパラパラ見てた本の中にあったレシピでした!

  『スッキリ~!!』   しました。

Photo

  [まぜまぜオムライス]

           *レシピ*

  • ハム     1cm角に切る
  • 玉ねぎ    みじん切り
  • 人参      みじん切り
  • ピーマン   みじん切り
  • ご飯
  • 塩・こしょう

  1. ハム・玉ねぎ・人参・ピーマンを炒める。
  2. 一人分の1・ご飯・卵2個をよく混ぜ合わせる。
  3. フライパンに2を流し込み両面をこんがり焼く。
  4. お好みでケチャップを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チキンときのこのクリーム煮

昨日の夕食。

024

                *レシピ*

 ・鶏もも肉   一口大に切る

 ・玉ねぎ    薄切りにする

 ・しめじ     小房に分ける

 ・牛乳  ・バター  ・小麦粉  ・塩  ・こしょう  

 ・パセリのみじん切り

  1. フライパンにバターを溶かし、鶏肉を両面焼く。
  2. 玉ねぎ・しめじを加え炒める。
  3. 小麦粉を加え2分程炒める。
  4. 牛乳・固形コンソメを加え、弱火でとろみがつくまで煮る。
  5. 塩・こしょうで味を調える。
  6. 器に盛り、パセリのみじん切りを散らす。

奥にあるのは9月料理教室の試作です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたイカ頂いちゃいました!

先日、獲りたての生イカを5杯・半干しのイカを2杯頂きました。

以前はイカ刺し温卵丼にしました。今回は何を作ろう~?

と考えて「カルパッチョ」を作ることに・・

017_2

                                                           

                          *レシピ*

  • イカ    さばいてイカ刺しにする
  • トマト     薄切り
  • きゅうり  薄切り
  • EXオリーブオイル
  • 黒こしょう
  1. お皿にトマト・イカ刺し・きゅうりをのせ、EXオリーブオイル・黒こしょうをかけて出来上がり。

  冷蔵庫に作り置きのバジルソースがあったのでかけてみました。

「イカ刺し」・・私には『つまみ』なのです~『おかず』にはならないと

思っています。こんな感じにするとgood。

初めての挑戦でしたけどとっても美味しかったです。

018

子どもバージョン。

イカが粗みじんです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

8月11日 晴天!!

前々から計画していた~山登り

この日は一日中ほとんどが自分一人の時間だったので

山登りの達人とも言える~お二人に計画してもらっていました。

私はこれまで2回ほど山登り(ハイキング)と言うものをしましたが

これもまた、この方に出会ったから行けたような・・・

今まで私は、山登り(ハイキング)をする人には会ったことがなく

アウトドアにも、ほとんど縁がなく。それが、最近になって・・

慣れてる方達と行くと楽しい~!!とくに~頂上でラーメンを作ったり

豚汁を作ったり、そして~食後のお茶まで!!

一回目は近くの山。二回目は隣りの山

達人のお二人と初心者の方と私と四人で

今回はなんと車を飛ばして山中湖を過ぎ「三ッ峠」

am11スタートPhoto_2

歩き出して数分後

Photo_3Photo_4

Photo_6

三つ並んだ松ぼっくり・高山植物があったり~

Photo_8Photo_9やっと景色が開けて~

頂上にもう少しの~ところ。

Photo_10Photo_12

1時間30分ほど歩いて頂上。

最後のもう少しが、とても歩きづらい道。

とっても景色が良く右のほうには「富士山」

暑かった~。とにかく暑かった~。

そして、そして昼食です!

「カレー味噌ラーメン」今回も手早く出来上がり!

食後の「コーヒー」も飲んで~さあ、下山。

行きと別ルートで行こうと思ったけど・・空を見たら「グレーの雲」が。

別ルートは行きの道より時間がかかるので

(やめようか!)ということになり、同じルートで。

車に着いたらパラパラとが。よかった~。

雨はチョット降っただけですぐ上がって、帰り道にある温泉

(名前何だったかなぁ~?)に入って帰りました。

この日、一番感動したのは・・景色でもなく、達成感でもなく

地図を片手に山を探して車を飛ばすパワフルな二人

一番感動していたのは、私だけ?でしょうか~。

ほんとは心の中で(この人達スゴーイ!!)って

何回も何回も叫んでいました。

また機会があったら行きたいなぁ~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お盆には~

お盆・お彼岸 にはいつも作るのです。

017

私はおやつだと思っていたけど・・

夕食にするところもあるんですよね~

それを知ってから私も夕食にするようになりました。

小豆餡も午後になって(作らなきゃっ!)と思い小豆を買いに。

をチョット入れると美味しいですねぇ~。

あとは、ごま・きなこ の3種類。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華丼・オイスター。

少し前に作った夕食です。

丼はよく作ります~中華丼もたまに作ります。

今回はお隣の方がつくった「赤ピーマン」「茄子」

使いたかったので、いつもとは味がチョット違う「オイスター味」で。

053_2

             *レシピ*

豚薄切り肉   一口大に切って、酒・塩・こしょうで下味をつける

玉ねぎ      薄切りにする

茄子       一口大に切って水にさらし水気をふきとる

赤ピーマン   一口大に切る

にんにく・生姜  みじん切り

A…水  鶏がらスープの素  酒  砂糖  醤油  オイスター  塩 

ごま油  片栗粉  サラダ油  ご飯

  1. 鍋にサラダ油を入れ茄子を炒める。しんなりしてきたら、にんにく・生姜・豚肉を加え炒め合わせる。
  2. 玉ねぎ・赤ピーマンも加え炒める。
  3. 合わせておいたAを加え煮立てる。
  4. 片栗粉を倍量の水で溶いて加えとろみをつける。
  5. ごま油を回し入れ、器に盛ったご飯にかける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »