« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

3月料理教室

こんにちは

3月の料理教室お料理です。

沼さん~2種類と

ひよこ豆のお料理~2種類

シュウマイじゃないような~シュウマイ

クリーム苺大福

Photo


Photo_2


Photo_3

Photo_4


Photo_5


Photo_6

よろしくお願いします

Recipe_blog_1


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はなまるキッチン~小田原

こんにちは

少し前になりますが~

お友達とランチ

はなまるキッチン

https://www.facebook.com/hanamarukitchin/

倉庫をお店にしたような~感じです。

嬉しいっ

サラダバーがあります~

Dsc07640

生も~温も~

Photo

今日は~

カリフラワーのスープ

Photo_2

今日のランチ~お魚

カレーのお味

ごちそうさまでした(*^-^)

ぽちっとお願いします

Recipe_blog_1


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《むらせ》国内産二十五穀米とトマト玉子焼き

こんにちは

むらせライスレシピモニター

第3弾

Dsc07756

二十五穀米~簡単に出来上がりっ~

なので、

おかずも簡単にっ

雑穀米・お赤飯に合う料理レシピ
雑穀米・お赤飯に合う料理レシピ

《国内産二十五穀米》と「トマト玉子焼き」

Dsc07849


(1人分)

  • 卵             2個
  • トマト           小2個
  • パセリのみじん切り  適宜
  • オリーブオイル     少々
  • A…白ワイン       大1
  • A…みりん        大1
  • A…粉チーズ      小2
  • A…塩          少々
  • A…粗挽き黒こしょう 少々

  1. トマトは1cm角に切る。
  2. ボウルに卵・1・Aを混ぜ合わせる。
  3. オリーブオイルを熱した玉子焼き器に2を流し込む。
  4. 弱火で焼き、まわりの卵が固まってきたら、半分にたたむ。
  5. そのまま弱火で焼きあげる。器に盛り、パセリのみじん切りをふる。

ほんとに~簡単

参加してます(*^-^)

Recipe_blog_1


にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《むらせ》国内産二十五穀米とゴーヤと高野豆腐の味噌チャンプルー

こんにちは

《むらせライス》のレシピモニター

Dsc07756

第2弾~

国内産二十五穀米に合うおかず

Photo

発芽玄米・押し麦・もち玄米・もちきび・もち麦・アマランサス・黒ゴマ・挽割ハトムギ・ひえ・丸麦・玄米・挽割黒大豆・挽割大豆・挽割小豆・金ゴマ・黒米・挽割インゲン豆・青米・挽割とうもろこし・赤米・緑米・挽割青大豆・白ゴマ・たかきび・もちあわ~25

雑穀米・お赤飯に合う料理レシピ
雑穀米・お赤飯に合う料理レシピ

《国内産二十五穀米》とゴーヤと高野豆腐煮の味噌チャンプルー

Photo_2


(4人分)

  • ゴーヤ     1本
  • 高野豆腐   2枚
  • 豚バラ肉   150g
  • 玉ねぎ     1個
  • 人参      1/2本
  • 卵        2個
  • にんにく    2片
  • ごま油     小1
  • サラダ油    小2
  • 塩・こしょう   適宜
  • A…赤味噌  大2
  • A…酒     大2
  • A…みりん   大1
  • A…砂糖    大1
  • A…赤唐辛子 1本
  • A…水     100cc
  • B…塩     小1/4
  • B…砂糖    小1

  1. ゴーヤ・玉ねぎは薄切りにし、ゴーヤにBをまぶしておく。人参は4㎝長さの短冊に切る。にんにくはみじん切りにする。
  2. 高野豆腐は戻して、一口大に切る。
  3. 豚肉は一口大に切る。
  4. フライパンにサラダ油小1を熱し、1を炒める。透明感が出てきたら、取り出す。
  5. 4のフライパンに残りのサラダ油を熱し、3を炒める。肉の色が変わったら、4を戻し入れ、炒め合わせる。
  6. 2・Aを加え、炒め合わせる。溶きほぐした卵を流し入れ、10秒ほどたったら炒め合わせる。
  7. 仕上げにごま油を回し入れ、塩・こしょうで味を調える。

高野豆腐をお豆腐に変えてもですネ。

参加してます

Recipe_blog_1



にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »